まちゼミ ねりま

まちゼミねりま受講生募集

machisemiph

「まちゼミ」は、商店主が講師となり、専門店ならではの知識を教える、少人数のゼミナール。
平成28年6月1日(水)〜30日(木)に、「まちゼミ ねりま」を108講座で開催します。
申込受付開始:平成28年5月25日(水)より 各店舗にて
講座の内容・詳細は、以下のチラシ(PDF)をご覧ください。

machisemicontact

※受講料は無料ですが、内容によって材料費がかかるものもあります。
●材料費は原則として講座当日に会場で徴収いたします。
●お申込後のキャンセルは、材料費をいただきます。ご承知置きください。

まちゼミ受講者サービスカード

machisemi1605_card

まちゼミを受講された方に「まちゼミ受講者サービスカード」と「サービス一覧チラシ」をお渡し致します。
平成28年6月1日〜7月31日の間、「サービス一覧チラシ」に丸印のついたお店でお買物をした時に「まちゼミ受講者サービスカード」を提示すると、サービスが受けられます。
※ご利用の際は営業時間や定休日をご確認ください。
サービス一覧チラシ(PDF)

ご注意

●定員になり次第締め切らせていただきます。
●申込みは、各店の受付時間内にお願いします。
●申込み初日は、電話回線の混雑が予想されます。ご了承ください。
●受講対象者が限定されている講座もあります。ご注意ください。
●各講座ともに、申込みの際に受講時の持ち物をご確認ください。
●安心して受講していただくために、お店からの販売・勧誘はありません。

講座の様子を一部ご紹介しています


「まちゼミ ねりま」フェイスブック

machisemifb

主催:練馬区商店街連合会
後援:練馬区/一般社団法人 練馬区産業振興公社/一般社団法人 練馬産業連合会/東京商工会議所練馬支部
問合せ先:03-3991-2241

「まちゼミ」って、なんだろう?

 まちゼミ(得する街のゼミナール)の発祥は愛知県岡崎市。伝道師・松井洋一郎氏が地元商店会の店舗の減少、街の衰退に危機をいだき、お店の中に来てもらう仕組みづくりとして「まちゼミ」を発案しました。

 ポイントは「お店と街のファンづくり」「店主が講師になる」「受講料は原則無料」「販売はしない」「仲間との出会いの場」です。お客様、お店、地域…の三方よし! 個店とお客様の信頼関係を築くための効果が高い事業として、全国に広がっています。

 岡崎市のまちゼミの参加者の声は、こちらからご覧いただけます。多くの方が楽しく参加している様子がわかりますので、ご参考にしてください。