まちゼミ ねりま


※平成28年11月の「まちゼミ ねりま」は終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。
「まちゼミ」は、商店主が講師となり、専門店ならではの知識を教える、少人数のゼミナール。
平成28年11月1日(火)〜30日(水)に「まちゼミ ねりま」を105講座で開催しました。

講座の様子

過去の講座の様子を一部ご紹介しています

「まちゼミ ねりま」最新情報はこちら

主催:練馬区商店街連合会
後援:練馬区/一般社団法人 練馬区産業振興公社/一般社団法人 練馬産業連合会/東京商工会議所練馬支部
問合せ先:03-3991-2241

「まちゼミ」って、なんだろう?

 まちゼミ(得する街のゼミナール)の発祥は愛知県岡崎市。伝道師・松井洋一郎氏が地元商店会の店舗の減少、街の衰退に危機をいだき、お店の中に来てもらう仕組みづくりとして「まちゼミ」を発案しました。

 ポイントは「お店と街のファンづくり」「店主が講師になる」「受講料は原則無料」「販売はしない」「仲間との出会いの場」です。お客様、お店、地域…の三方よし! 個店とお客様の信頼関係を築くための効果が高い事業として、全国に広がっています。

 岡崎市のまちゼミの参加者の声は、こちらからご覧いただけます。多くの方が楽しく参加している様子がわかりますので、ご参考にしてください。