イベント報告

過去に開催されたイベントの様子を紹介しています。

共栄商店会 秋のマルシェ

2018年11月18日(日)橋戸新田公園

石神井公園駅、谷原・三原台周辺/共栄商店会主催

 地域交流イベントの一つとして開催している「秋のマルシェ」。今年は天候に恵まれ、開始時間の12時より前から行列ができました。大泉野菜の特別販売をはじめ、商店会会員による模擬店、福引大会、無料の風船配布などを行い、約600名のお客様に来場いただきました。会場内では橋戸太鼓が演奏され、待ち時間も楽しんでいただけました。

 両手いっぱいに野菜を購入したお客様の笑顔が印象的でした。今後も「地元の農家さんが作った野菜を、地元地域の方が食していく文化」を大切に、継続的に実施していきたいと思います。

(報告者:合屋太郎)

181118共栄商店会マルシェ01
181118共栄商店会マルシェ02

2018年11月28日更新

下練馬宿まつり 練馬だいこん献上絵巻 再現劇

2018年11月18日(日)北一商店街・きたまち商店街・ニュー北町商店街

北町・田柄・早宮・平和台、氷川台駅周辺/北一商店街きたまち商店街ニュー北町商店街主催

 「下練馬(北町)は練馬大根発祥の地」という言い伝えを元に、北町の3つの商店街が一つになり、街の活性化のために今年初めて開催したのが、「練馬だいこん献上絵巻 再現劇」です。旧・川越街道沿いに延びる北町の商店街は、練馬区唯一の宿場町ということもあり、時代装束で役に扮した皆さんが商店街を行列し、3か所の会場で練馬大根献上の様子を寸劇で再現しました。

 〜第五代将軍徳川綱吉が将軍になる前、脚気(かっけ)を患い、練馬に御殿を建て、養生していたことがありました。お殿様の健康を願って、大根を育て献上したのが、下練馬の庄屋の金兵衛さん。練馬大根パワーで元気になった綱吉は江戸城に戻り、後に将軍になってからも練馬大根を献上させ、諸大名にふるまい、練馬大根の名声が各地に広まりました〜

 当日は曇り。まずまずの天気に商店街の皆さんも一安心。出発地点の「電車の見える公園」には、大勢の方々が集まり、前川燿男練馬区長のあいさつや登場人物の紹介などから祭が始まりました。再現劇と行列は、チラシやインターネットによる公募から選ばれた方や北町の阿波踊りの連の方、商店街の皆さん、地域の高齢者サークルの方などが参加。将軍や役人、家老、腰元など、それぞれの衣装は貸衣装による本格的なもので、ズラリと並んだ行列は、いつもの街が江戸時代にワープしたようです。その他、交通誘導等には地元の大東文化大学の大学生も参加し、北町が一体となった祭になりました。

 北一商店街の奥墨徹・代表理事は「東西に長い北町の3商店街共通のイベントを開こうと、2016年から計画。ニュー北町商店街で2016年に開催した大根献上絵巻のプレ企画の手応えを元に、今回の開催となりました。3商店街共通の街路灯フラッグは、感慨もひとしおです。夏の阿波踊りに並ぶイベントに成長させていけたらいいですね」と語ります。

 3商店街共通企画として、スタンプラリーも実施。再現劇を行う3会場を周り、スタンプを集めると、練馬大根などの景品がもらえるという趣向です。第一会場の「電車の見える公園」で先着200名様にスタンプ台紙を配布しましたが、早々に終了。スタンプ台紙を手にした皆さんが、行列と共に商店街を巡りました。

 参加者から「地元の祭りに参加するのは、知り合いが多いから気恥ずかしい」という声もありましたが、それを観客も温かく見守ったり、気さくに声を掛けて応援したり…。初めてのお祭りらしいほのぼのとした雰囲気のあるイベントとなりました。

181118下練馬宿まつり01
181118下練馬宿まつり02

2018年11月21日更新

2018江古田ハロウィンパーティー

2018年10月27日(土)江古田ゆうゆうロード

江古田駅周辺/栄町本通り商店街振興組合・江古田市場通り商店会・江古田駅北口商店会主催

 江古田市場通り商店会・江古田駅北口商店会・江古田ゆうゆうロードの3商店街合同で、16時30分よりハロウィンパーティーを開催しました。天候にも恵まれ、開催1時間前から、かわいい仮装をした子どもたちが続々と集まってきました。

 商店街に設置されたブースを回って、3か所のスタンプを集めた子どもに、3個のお菓子をプレゼント。商店街で用意した1,200個のお菓子が、またたく間になくなりました。そのほか、個店ごとのお菓子のプレゼントもありました。見事なハロウィン装飾がされた西京信用金庫江古田支店の前では、記念写真を撮り合う姿も見られました。

(報告者:仲田守宏)

181027江古田ハロウィンパーティー01
181027江古田ハロウィンパーティー02

2018年11月01日更新

農業体験・塙町稲刈りツアー

2018年10月7日(土)・8日(日)福島県塙町「東京の田んぼ」

豊島園駅・練馬春日町駅周辺/春日町本通り商店会主催

 10月7日(土)・8日(日)の2日間、5月に田植えをした福島県塙町の「東京の田んぼ」で、稲刈りを行いました。「立派ないいお米になるんだよ!」と祈りつつ植えた苗が黄金色になり、ふっくらとたわわに実っていました。

 1日目は、農家の生方初男さんに教わりながら、稲刈りから稲架掛けまでの作業。2日目は、廃校になった小学校を利用したカフェで、農家の方の心のこもった田舎料理をいただきました。総勢23名が参加し、楽しい稲刈りツアーとなりました。

 収穫したお米は、10月31日(水)開催の「ふれあい市場」で、新米「常世米」として販売しました。

(報告者:小泉徳明)

181007春日町稲刈り01
181007春日町稲刈り02

2018年11月01日更新

第23回 チルコロ石神井 チルコロdeハロウィン!!

2018年10月28日(日)石神井公園商店街振興組合

江古田駅周辺/石神井公園商店街振興組合主催

 イタリア語で「サークル」や「集まり」といった意味を持つ「チルコロ」。チルコロ石神井もその名にあやかり、春と秋の年に2回、石神井公園駅南口の銀座通りをメイン会場に、地域の店舗やNPO団体が出店するイベントを開催しています。秋の開催は、「チルコロdeハロウィン」と銘打って、10月末の週末に開催するようになって3年目。「仮装してきてね」が当日のルールで、街は子どもたちのお姫様やヒーローであふれ返っていました。

 実行委員長の豊田康之さんは「地域の飲食店がビールや料理を提供するほか、産直販売会を開催。新鮮な野菜や、都内ではなかなか手に入りにくい生の落花生などありますよ」と、チルコロ石神井ならではの魅力を語ってくださいました。

 また、日頃は石神井公園を活動拠点として子どもたちの遊びを支援する石神井プレーパークや、東京学芸大学付属国際中等教育学校のボランティア部なども参加。地域に関わるさまざまな団体がイベントを支えているのも特徴の一つです。参加者からは「去年は雨だったけど、今年は晴れてよかった」「ハロウィンと一緒だと、子どもたちがたくさん集まるのが楽しい」「地域のお店が出店していると、子どもだけじゃなくて、親も食べ歩きできるのがうれしい」などのコメントもいただきました。

181028石神井ハロウィン01
181028石神井ハロウィン02

2018年11月01日更新