イベント報告

過去に開催されたイベントの様子を紹介しています。

江古田ナイトバザール

5月27日(土) 栄町本通り商店街振興組合

江古田駅周辺/栄町本通り商店街振興組合 主催

 絶好の天気の中で開催された「第126回 江古田ナイトバザール」。メインイベントは、熱く盛り上がるサンバパレード。ブロコジンガというグループに、台湾の4人チームが合流してパワーアップ! この盛大なパレードは、17時と18時30分の2回行われました。サンバパレードは今年で8年目を迎え、9回目の出演でした。「今まででここで何度もパレードを見ましたが、1番良かった!」と評するお客様も。きらびやかなダンサーは25名、迫力ある音楽隊は25名、踊りと格闘技がミックスされたカポエラ20名、総勢70名のビッグチームで迫力満点でした。
 また、スタンプラリー抽選会では、特賞・東京ディズニーランド、1等・新茶、2等・練馬区内共通商品券、3等・鉢植えなどが当たるとあって大盛況。17時30分スタートでしたが、19時前には打ち止めとなりました。

ekoda01
ekoda02

2017年05月31日更新

武蔵関ふれあいまつり

2017年5月28日(日) 武蔵関駅北口商店会

武蔵関駅・上石神井駅・下石神井周辺/武蔵関駅北口商店会 主催

 第5回目となるこのイベント。すっかり地元に定着し、この日を待っていたという子どもたちが、フリーマーケットで買い物をしたり大道芸を見たり、模擬店でおいしいものを買ったりと思い思いに楽しむ姿が見られました。
 「今回のテーマは、子ども達に笑いと夢とにぎわいを。ステージプログラムをより充実させて、舞台スペース近くに抽選会会場を設置することで、さらに多くの方にステージを楽しんでもらえるようになりました」と村上剛博会長。恒例の風船無料プレゼントは早いうちに完売。商店街の各所で行われる大道芸は、間近でジャグリングやマジックなどが見られるとあって、どこのコーナーも親子連れや子どもたちで賑わい、みな夢中になって見入っていました。漫画家による似顔絵コーナーは「熱い中、並んで待ってもらうのは大変なので」と先着60名に整理券を配布するなど、来場者目線での対応もうれしいポイントです。東京女子学院合唱部の舞台発表では「曲に合わせて手拍子をしてもらえたのがとてもうれしかった」とコメントし、ステージと観客が一体となって楽しんでいました。

musasiseki01
musasiseki02

2017年05月31日更新

アニメプロジェクトin大泉2017

2017年5月21日(日) アニメプロジェクトin大泉推進連絡会

大泉学園駅、大泉学園町周辺/アニメプロジェクトin大泉推進連絡会 主催

 真夏のような暑さの中、大泉学園駅北口周辺の大泉小学校、妙延寺、大泉風致地区公園、大泉図書館の4会場で行われました。東大泉商栄会は妙延寺を会場に、ショウエイダーショーやベーゴマ大会、美大生によるお絵かき教室などを開催。模擬店のスタッフもコスプレをして「年に1度のこの機会を楽しんでいます!」を汗かきながら会場を盛り上げます。
 大泉学園町商店会による大泉風致地区公園のイベントは、餅つき、アニマルボールプール、商店街による屋台などを楽しむ親子連れで賑わいました。「キラキラ★プリキュアアラモードショー」では、観客席前方に急遽ブルーシートが敷かれ、小さい子ども達の優先席を設けるなどの工夫がされ、どの子もステージに釘付けになっていました。「毎年、地域の学校や金融機関の協力のもと開催している一大イベント。地元の子ども達に大いに楽しんでもらいたい」と小川善昭会長。この日、準備した子ども用のジュース500本は一度の配布で終了してしまうほどの盛況ぶりでした。
 4つの会場内を巡回する無料バスも準備され、各所を巡って親子で一日中楽しめるイベントでした。
主催:(練馬区/大泉ゆめーてる商店街/大泉学園町商店会/西武鉄道/東映アニメーション/一般社団法人練馬アニメーション)

アニメ01
アニメ02

2017年05月26日更新

朝市&桜まつり

2017年4月9日(日) 北大泉商栄会

大泉学園駅、大泉学園町周辺/春日町本通り商店会 主催

 あいにくの天気の中スタートした桜まつり。桜を散らす雨と風にもかかわらず、会場の大泉第一小学校には早い時間からお客様が訪れていました。地域のイベントとして、しっかりと根付いていることが感じられます。
 「校庭にステージやブースを作って準備しましたが、朝7時の雨空を見て、体育館の中でやろうと決めました」と下山正躬会長。火器を使うブースは屋外で、それ以外のブースは体育館の中で行うという異例の開催となりました。今回も無料で振る舞われるイカ焼きやポップコーンなどには傘を差しながらの行列ができ、野菜やお赤飯などは早々に売り切れるほど人気の商品なので、「次はもっと早く来なくちゃね」と話すお客様もいらっしゃいました。多くの人が体育館と外を行ったり来たりと大にぎわい。
 40回も続いているイベントだけに、たとえ体育館に会場が変わっても、舞台ではフラダンスショーなどを見学したり、フリーマーケットをのぞいたりと、大人も子どもも例年通り楽しんでいる様子でした。

北大泉01
北大泉02

2017年05月08日更新

光が丘IMA30周年記念イベント

2017年4月23日(日) 光が丘IMA専門店会

高松・旭町・土支田・光が丘駅周辺/光が丘IMA専門店会 主催

 光が丘IMAが30周年を迎え、大々的なオープニングセレモニーが行われました。3日間限定で販売されたのは、マルシェ福袋「ハッピーバッグ」。肉・魚・野菜の3種類が1日150個並び、いずれも総額5,000円相当の商品が3,000円で買えるとあって大人気! 肉のバッグは販売開始から10分で完売しました。
 メインイベントは、光の広場で行われた光が丘IMAオリジナルキャラクターのお披露目です。青と赤の配色が個性的なネコの男の子は、ダンスが大好き! 子どもたちとクイズをしたり、一緒に撮影をしたり…すでに人気者の予感?! ネーミングの募集も始まり、どんな名前になるのか楽しみですね♪
 夕方には、光が丘IMA初のプロジェクションマッピングショーが行われ、光と音と映像の幻想的な世界が繰り広げられました。各店舗では連休最終日まで記念セールが実施される予定なので、ますます賑わいを見せそうです。

IMA01
IMA02

2017年05月08日更新