イベント報告

過去に開催されたイベントの様子を紹介しています。

朝市&桜まつり

2017年4月9日(日) 北大泉商栄会

大泉学園駅、大泉学園町周辺/春日町本通り商店会 主催

 あいにくの天気の中スタートした桜まつり。桜を散らす雨と風にもかかわらず、会場の大泉第一小学校には早い時間からお客様が訪れていました。地域のイベントとして、しっかりと根付いていることが感じられます。
 「校庭にステージやブースを作って準備しましたが、朝7時の雨空を見て、体育館の中でやろうと決めました」と下山正躬会長。火器を使うブースは屋外で、それ以外のブースは体育館の中で行うという異例の開催となりました。今回も無料で振る舞われるイカ焼きやポップコーンなどには傘を差しながらの行列ができ、野菜やお赤飯などは早々に売り切れるほど人気の商品なので、「次はもっと早く来なくちゃね」と話すお客様もいらっしゃいました。多くの人が体育館と外を行ったり来たりと大にぎわい。
 40回も続いているイベントだけに、たとえ体育館に会場が変わっても、舞台ではフラダンスショーなどを見学したり、フリーマーケットをのぞいたりと、大人も子どもも例年通り楽しんでいる様子でした。

北大泉01
北大泉02

2017年05月08日更新

光が丘IMA30周年記念イベント

2017年4月23日(日) 光が丘IMA専門店会

高松・旭町・土支田・光が丘駅周辺/光が丘IMA専門店会 主催

 光が丘IMAが30周年を迎え、大々的なオープニングセレモニーが行われました。3日間限定で販売されたのは、マルシェ福袋「ハッピーバッグ」。肉・魚・野菜の3種類が1日150個並び、いずれも総額5,000円相当の商品が3,000円で買えるとあって大人気! 肉のバッグは販売開始から10分で完売しました。
 メインイベントは、光の広場で行われた光が丘IMAオリジナルキャラクターのお披露目です。青と赤の配色が個性的なネコの男の子は、ダンスが大好き! 子どもたちとクイズをしたり、一緒に撮影をしたり…すでに人気者の予感?! ネーミングの募集も始まり、どんな名前になるのか楽しみですね♪
 夕方には、光が丘IMA初のプロジェクションマッピングショーが行われ、光と音と映像の幻想的な世界が繰り広げられました。各店舗では連休最終日まで記念セールが実施される予定なので、ますます賑わいを見せそうです。

IMA01
IMA02

2017年05月08日更新

練馬こぶしハーフマラソン2017

2017年3月26日(日) 田柄神明商店会、土支田地蔵通り商店会、高松町造商店会、旭町一丁目商店会、(有)一輝

高松・旭町・土支田・光が丘駅周辺/練馬こぶしハーフマラソン 主催

 練馬区独立70周年記念事業のスタートとして、「練馬こぶしハーフマラソン」が開催されました。桜の花も開花したばかり、小雨が続く寒いあいにくの天気となりました。その分、応援する人にも熱が入り、ランナーとハイタッチするなど清々しい光景も! 飲食ストリートに出店した商店街や店舗のブースは雨天のため、売れ行きは厳しい状況でした。
 「数日前から天気をみて仕入れを調整したり、アルバイトの人数を調整した」という渡辺尚会長。自慢のお団子は焼きたてで甘辛く、おいしいと人気でした。息も白くなる寒さのなか、田柄神明商店会はモツ煮を販売。休憩所では「あつあつのモツ煮がうれしい」と、ほおばるお客様も。

こぶし01
こぶし02

2017年04月04日更新

ふれあい市場&餅つき大会

2017年1月21日(土) 春日町本通り商店会

豊島園駅・練馬春日町駅周辺/春日町本通り商店会 主催

 好天に恵まれた「餅つき大会&ふれあい市場」。ふれあい市場は10時スタート。会場には、ほうれん草、ねぎ、クレソンなどの100円野菜、さらにサトイモ、イチゴ、生うどん、おこわ弁当などおすすめ商品が飛ぶように売れていきました。
 11時よりトヨタの駐車場にて、毎年恒例の「餅つき大会」が開催されました。小さなお子様も餅つきに参加でき、どの子も楽しそうでした! ふれあい市場で買い物した人に渡された「お餅試食券」ご持参の方に、無料で限定500食用意。今年はインフルエンザの影響で、熱を加えるお雑煮でお餅が提供されました。「例年ではあんこ、きなこなどから選びましたが、お雑煮はあったまっていいですね!」と好評でした。はなわ町から15名の方が、そしてねり丸も応援に駆けつけ、餅つきのイベントを盛り上げてくれました。

餅つき02
餅つき01

2017年04月04日更新

桜台のさくら祭り

2017年4月1日(土)・2日(日)桜台商業協同組合

練馬駅北口・桜台駅周辺/桜台商業協同組合主催

 千川通り沿いの桜並木を盛大にライトアップする桜台のさくら祭りが、3月20日から4月10日まで開催されています。4月1日・2日にはスペシャルイベントが行われ、800メートルの範囲に約40店の模擬店が出店し、親子連れなどで賑わいました。今年が初開催のスペシャルイベントは、当初3月最終の土日開催予定でしたが、開花が遅れたため一週間延期になりました。その後も気温の低い日が続き、桜はまだ咲き始めという状態。「それでも多くの方にお越しいただけてよかった。ぜひ恒例イベントにしていきたい」と花房隆一理事長は手応え十分のようです。
 企画は青年部を中心に進められ、模擬店のすべてが商店街、町会、PTAなど地元の人たちの運営によるものです。座って飲食ができるコーナーが各所にあるのも、来場者には嬉しいポイント。商売はやめてしまったけれどお手伝いで参加したという年輩の方は「大人の文化祭みたいで楽しい。もう会えないと思っていた昔のお客様から声をかけてもらえて感激です」と嬉しそうに話してくれました。「千川通りの桜が本当にキレイなので、お祭りをやったらいいのにと思っていた」というのは、桜台に住んで3年目の家族連れ。「チラシでイベント開催を知りこの日をとても楽しみに待っていた」そうです。

170401桜祭り01
170401桜祭り02

2017年04月03日更新